停電した時、太陽光発電機は動くのか

「太陽光発電」は屋根にモジュールを取り付けることで自宅の屋根で発電できるシステムです。このシステムは便利ですが、もしも停電になった時は使えるのか、使えるとしても、どの程度まで頼りにして良いのか気になる人も多いと思います。

たしかに「太陽光発電」は、非常時に停電になっても使えます。ですが、普通は外から供給される電気を使って動くモードになっているので、停電した状態では「太陽光発電」のシステムが動かないので、発電は出来ません。

ですが、この問題も停電した際に自立運転に切り替えれば大丈夫です。切り替える方法はメーカーによって違うでしょうが、これならばシステム内に電気が供給されて電力を補えます。

そして、電力が戻ったら再び外から電気が供給されるモードに切り替えて、再び発電が始まったら余った電力は売る事ができます。ここで気をつけてほしいのは、システム内で電気を供給するモードでは普通のコンセントではなく非常用コンセントしか使えない点です。

停電になると外から電気が送られてこないので、普通のコンセントを使っている照明などの家電製品は全く動きません。また、この時は場合によって電気系統に多大な影響を及ぼす可能性があるので、太陽光発電のブレーカーを切っていた方が賢明です。

そして、この発電システムを使っても使える電力には限りがあります。この基準は各メーカーでも共通で、非常用のコンセントから使える電力は1.5kWです。なので、この容量を超える発電をしても、それ以上は使う事が出来ないのです。

普段から消費する電力を把握しておかないと、非常時に1.5Kwを超えて使用してしまう事があります。一気に電力を消費しない為にも、家にある機器の消費電力を知っておきましょう。

これを踏まえて、停電時には太陽光発電は使えます。しかし、使える電力は限られているので、非常時には普段と同じ感覚で使わない方が賢明でしょう。